2018年6月22日金曜日

American academy of dental sleep medicine 27th Annnual Meeting

睡眠時無呼吸にたいする歯科の学会がアメリカのボルチモアで、
6月1日~6月3日までの間で行われました。

講座からは、
睡眠時無呼吸の研究をしている院生(岩井、シンシア)が参加してきました。

ポスター発表を行いました。

また、今年の4月に広島大学で開催されたアングルセミナーにて、
発表に来日されたジェンキンス先生のプライベートクリニックにもお邪魔し、
見学させていただきました。
小さい子が楽しく来院できるような素敵なクリニックでした。

当科では睡眠時無呼吸に対して、
装置を利用した治療を行っております。
患者様で、いびきがひどい、日中も眠気が取れずだるいなどの問題がありましたら、
お気軽にご相談ください。








第28回 日本顎変形症学会 in 大阪

H30年6月14,15日に大阪グランフロントにて、
第28回 日本顎変形症学会が行われ、医局員が参加・発表を行いました。

講座では、山本が”多数歯欠損を伴う高齢下顎前突患者に対して外科的矯正治療を行った1例”について発表いたしました。



















この学会ではポスター発表時、口述の時間が設けられており、
症例について聞きたいことを直接、発表者に伺えるため、非常に勉強になります。


顎変形症治療は、近年は技術の向上により、適応範囲が広くなり、患者も増加してきているように感じています。また、患者さん自身も、顎変形症という病気に対し情報を得た状況で初診来院されることも多く、顎矯正治療の普及を感じます。

今回の顎変形症学会では、治療の予後についてや、治療にる睡眠時無呼吸へのアプローチなど演題も多岐にわたり、顎変形症治療の可能性をさらに感じさせるものでした。


追伸
このブログ記事を書いている日付の2日前に、
大阪で大変大きな地震がありました。
被害も大きいようで、心配です。
被災された方々お見舞い申し上げます。






第42回 日本口蓋裂学会 in 大阪中央公会堂

H30年5月24,25日に大阪市の中央公会堂にて、第42回 日本口蓋裂学会が行われました。

広島大学病院では、H30年1月より唇顎口蓋裂総合成育医療センターを設立し、
口蓋裂患者のさまざまな問題に対して、患者さんに寄り添える医療を行う治療をめざして、また円滑にかつ多面的に治療を行うため、日々研鑽を積んでおります。


本学会は、他大学や他施設の口蓋裂治療について、
その工夫やポイントを伺ういい機会となりました。

はじめて中央公会堂に伺い、歴史的建造物の美しさにも驚き、
たくさん勉強し、語らい、
夜には、関西の同門の先生方の計らいで、
会合がありました。
どの先生も大変ご活躍されており、
とても刺激を受けました。
ありがとうございました。











2018年4月26日木曜日

2018年4月7.8日 広島大学歯科矯正学講座 医局旅行 ~宮島~

2018年4月7.8日 医局の新2年生が企画し、新入医局員の歓迎と医局員の懇親のため毎年恒例の医局旅行が開催されました。
今年度は、歯学部長の加藤教授とシドニー大学のAli先生もご参加いただき、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

1日目は宮島しゃもじの図案を焼きごてで作成する体験をしたり、もみじ饅頭の体験をしました。


宮島杓子の図案焼き付け体験中

オリジナルの杓子できました!
もみじ饅頭作り体験中

夜には宴会があり、OBの先生である小跡先生、伊藤先生も参加していただき、
毎年恒例の新入医局員による余興も盛況でした。

2日目は宮島観光をし、各々で厳島神社に参拝しました。



今年度は医局開講50周年とともに、新医局への引っ越しなどたくさんの催しが予定されていますが、世界遺産である安芸の宮島に参拝したことで、ご加護がいただけたのではないでしょうか?大所帯の研究科ですが、全員で協力して1年間乗り切れたら良いなあと思います。

企画していただいた先生方および参加していただいた先生方ありがとうございました。


2018.4.9 Ali 先生 特別講義


4/9(月) シドニー大学の矯正科教授であるAli先生をお招きして、特別講義を行いました。
"外傷歯に対するトリートメントマネージメント"について御講演いただきました。


     
 外傷歯は初診時の検査のみでは評価が難しく、実際に矯正治療を開始してから、発見されることもあります。そういった歯に対して、どの様に対処していくのか勉強させていただきました。他に睡眠時無呼吸症候群についての新規治療方法など、多岐にわたる内容で、大変勉強になりました。

 Ali先生には、4/7-8の宮島での医局旅行にもご参加いただき、親睦を深めました。




 M. Ali Darendeliler教授は、矯正治療が生物学的組織や根吸収に及ぼす影響、下顎床副子、顎整形外科、加速矯正、骨の治癒、閉塞性睡眠時無呼吸症候群など総合的な研究および開発に携わっています。オーストラリア歯科矯正学会の功績賞(2008年)、Raymond Begg Award(2012年)シェルドンフリエル記念講演賞などの受賞をされている著名な先生です。

2018年4月19日木曜日

2018.4.16 広島大学でセミナーを開催しました ~Orthodontic Seminar in Hiroshima~

4/16㈪にAngle Society の先生方を広島へお招きし、広島大学でセミナーを開催しました。今回のこの催しは山口和憲先生のコーディネートにより実現しました。

演者の先生方
Steven J Lindauer先生
~How to create, Prevent, and Correct Cant of the Occlusal Plane~

Woods Michael G先生
~Challenging orthodontic myth~

T. Scott Jenkins先生
~The Ups & Downs of Orthodontic Treatment; Managing the Vertical Aspect with Fixed Appliances~

Shin-Jae Lee先生
~Application of Artificial Intelligence in Clinical Orthodontic Practice: An Exciting Horizon~

Richard Scott Conley先生
~Orthognathic Surgery and The 3d Airway: Aid or Hindrance?~

Shroff Bhavna先生
~Management Impacted Canines: Biomechanics and Periodontal Considerations~

広島大学歯科矯正学講座からは木村、角先生が発表しました。













夜の懇親会は、全て山口先生の発案・進行で進められ、日本文化も体験いただき、盛会でした。
神楽の公演

折り鶴体験

世界中の素晴らしい先生方の講演を一度に聞ける非常に貴重な会となり、若手医局員にとっても大変勉強となりました。

2018年3月7日水曜日

特別講演 演題:矯正治療時における歯の加速移動

H30年2月22日、同門会主催で
”矯正治療時における歯の加速移動”についての講演がありました。

講演していただいた先生は、台北醫學大學齒顎矯正学科主任および副教授である蔡 吉陽 先生です。先生は、1979年10月から1989年6月まで本教室に在籍されています。

矯正治療の期間は歯の移動を、各個人の生体反応に依存するため、2年から3年と長期の期間を要します。そのため、矯正治療期間の短縮を目標として、さまざまな方法が試みられています。

今回は、先生の研究結果を踏まえて、大変わかりやすく講義していただきました。






加速矯正という言葉は世界的に普及しつつありますが、その方法は多種多様であり、科学的に実証されているものばかりではありません。矯正歯科治療の期間の短縮は全ての矯正歯科医の夢ではありますが、安全な治療を行うために、今後もさらなる科学的な実証が必要であると再認識いたしました。